海外移住に必要な力は『問題解決力』です!


今回は、海外移住を考えているあなたへ、海外移住に必要な力『問題解決力』につてお話しします。

本記事の内容

記事の信頼性

この記事を書いている僕はヨーロッパのアイルランドで永住権をとって住んでいます。
28歳の時、学歴・英語力なしでアイルランドに渡り、その2年後アメリカの某大手IT企業に就職しました。
そのさらに数年後、永住権をとり現在に至ります。

1. 海外移住に必要な力は『問題解決力』です!

海外移住を達成までには、「言語の壁」「滞在許可証の取得」など、日本に暮らしている時には出会わないたくさんの「問題」が起こり、「他から得られるサポートが圧倒的に少ない状況」で「問題解決」していくことになるので、「問題解決力」が重要になります。
例えば、日本で「体調がわるくなり、何日も回復しない」場合、「病院に行って薬をだしてもらう」みたいな感じだと思います。これが、海外に住んでいるというだけで「言葉の壁」「健康保険」の2つの大きな問題がでてきます。医者や薬局との会話、薬の処方箋を理解する、受診料を「無保険」か「その国の保険」で支払うなど、同じ状況でも、外国というだけで、難易度が上がるのがわかると思います。

1-1. 『問題解決力』とは

「問題の複雑さ」や「問題の種類」によってさまざまな方法がありますが、ここでは「問題解決の6つのステップ」についてお話します。

  1. 本当に解決するべき問題なのかを考える
  2. 問題の原因を探る
  3. 問題解決のゴールを明確にする
  4. 解決方法を考える
  5. 解決策を実行する
  6. 解決策の結果を分析する

1. 本当に解決するべき問題なのかを考える

問題に直面して、まず考えないといけないのは、「それは本当に解決する問題なのか?」ということです。
例えば、出先でスマホの電源がきれたとします。家や会社まで10分の距離にいる場合、わざわざモバイルバッテリーをさがしまわって買う人は少ないと思います。なぜなら10分後に解決するので、時間とお金の浪費して今すぐ「解決する問題ではない」からです。

2. 問題の原因を探る

直面している困った状況は、「問題を起こした原因の結果」であって、解決すべき「問題の原因」そのものではありません。
例えば、部屋の電気が突然消えたとします。「電気が消えて周りのモノも見えないし、電気製品が使えない」というの「結果」であって、原因はブレーカーが落ちたのかもしれないし、停電かもしれない。もしブレーカーが落ちたなら、原因は漏電かもしれないし、家族の誰かが暖房と電子レンジとドライヤーをいっぺんに使ったのかもしれません。ライターを付ければ一時的に少し明るくなるかもしれませんが、ずーっとライターで生活することはできません。問題に直面したときには、原因は何かをさぐって「問題の原因そのもの」を「解決」する必要があります。
簡単に原因にたどり着けない複雑な問題が起こった場合、解決するためのツールとして「5 Whys(なぜなぜ分析)」という方法があります。5は特に意味のある数字ではないのですが、簡単に言うと、疑問がなくなるまで、「それはなぜ」と問い続け問題の原因を探る方法です。

3. 問題解決のゴールを明確にする

ここで重要なのは、ゴールは「現実的なのか」ということです。
例えば、「今お金を持っていない」問題のゴールが「アメリカでIT企業を立ち上げて大金持ちになる」では、現実味がありません。
あと「いつまでに」行うかの目安も必要です。

4. 解決方法を考える

複数の「現実的な」解決方法を考えて、その中から選びます。
複数あると失敗したときの代替え案になります。

5. 解決策を実行する

ようやく、解決策の実行です。
うまく行かない場合、無理に継続せず、ほかの代案に切り替えることも考えてください。

6. 解決策の結果を分析する

思ったようにゴールにたどりついたかを確認します。
そして、このプロセスでなにを学んだかを考え、次に生かします。

1-2. 『問題解決力』をつけるには

一人旅で『問題解決力』をつける

問題解決力をつけるのに、僕のおすすめの方法は「一人旅にでること」です。
一人旅では、すべての責任を一人で背負って、一人で「問題解決」していかなければいけません。
移住したい国での一人旅が理想的ですが、ハードルが高ければ国内でもいいと思います。

海外移住の第一歩は『一人旅』です!》という記事では「一人旅」で得られることについて書いています。

2. まとめ

  • 6つのステップで問題解決します。
    1. 本当に解決するべき問題なのかを考える
    2. 問題の原因を探る
    3. 問題解決のゴールを明確にする
    4. 解決方法を考える
    5. 解決策を実行する
    6. 解決策の結果を分析する
  • 一人旅で「問題解決力」をつける

海外移住を考えてる方にとって「問題解決力」はかかせません。
たとえば、海外移住したいけど「どうやって始めたらいいのかわからない」のも、「解決」するべき「問題」の一つです。
僕がアイルランドに移住を決めた時には、若くもなく、語学力も学歴もありませんでした。それらの問題を一つ一つ解決していき現在にいたります。「海外移住」は、「理論的」「計画的」に攻めれば、達成できないゴールではありません。

まずは一人旅をしてみましょう。